1. ホーム
  2. オンラインゲーム速度

【真実】Apexは通信速度がほぼいらない!?実際の数値と目安を解説!

Apexの通信速度目安

Apexに限らず、ゲームの回線の話になると「通信速度どれくらい出てるの?」という話題が出てきます。

当サイトも含め、多くのサイトで約30Mbpsが1つの目安になると記載されていますが、実際はどれくらいの通信速度が必要なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

このページでは、そういった人向けに、Apexで本当に必要になる通信速度を、実際の通信量やゲーム内で表示される「パフォーマンス表示」から調査してみました。

参考程度にしかなりませんが、ぜひチェックしてみてください。

Apexで実際に必要とされる通信速度は「最低10Mbps」

Apexの必要通信速度

まず結論として、Apex Legendsで最低限必要となる速度は10Mbpsです。

EAが公式に公表している速度ではないので、断言はできません。

しかし、当サイトで検証した結果、10Mbps未満の速度だと、以下のような不具合が発生します。

Apex Legendsで10Mbps未満の速度で起きる不具合

  • キャラクターの動きがカクカクになる(ラグが発生)
  • サーバーから切断される

ラグが発生し、他のキャラクターがワープしたり、動きがカクカクになります。
また、しばらくプレイしていると、サーバーから切断される不具合も発生しました。

そのため、これ以上遅い速度だとプレイ自体困難と言えるでしょう。

ただ、10Mbpsを超える速度であれば、このような不具合はほぼ発生せず、問題なくプレイできています。

なので、光回線が主流の今、通信速度が原因でラグが起きる可能性はそこそこ低いです。

「え、じゃあよく言われる30Mbps必要っていうのは?」という話になると思いますが、これに関しても言ってることは間違っていないです。

Apexで通信速度が約30Mbps必要と言われる理由

Apexの通信速度

そもそも通信速度30Mbpsというのは、Apexに限らずオンラインゲーム全般に言われている目安の1つです。

ただ実際のところ、この数値は余裕に余裕を持たせた基準になっています。

と言うのも、オンラインゲームは、プレイするタイトルによって必要な通信速度が大きく異なっており、そもそも絶対的な基準を作る難易度がかなり高いのです。

また、普段10Mbps以上出ていても、時間帯によっては1Mbps以下まで速度が低下してしまうことも珍しくありません。

このような下振れを考慮すると、普段から30Mbps程度でていた方が、不具合なしでプレイできます。

ゲームの30Mbps基準。
▲ゲームで必要な30Mbpsはかなり大まかな目安。

また、現在主流の光回線のほとんどは、最大速度が1Gbps以上のサービスになっています。

そういった光回線を契約していて通信速度不足になる可能性はあまり高くないので、通信速度の目安が厳格に決められていないというのも理由の1つです。

事実、日本でSteamを利用しているユーザーの平均速度は年々速くなっており、ここ2~3年で約40Mbpsほど上昇しています(今は平均約90Mbpsです)。

それを考慮すると、「光回線を契約しているのに通信速度が遅い…。」という人は、一度ネット回線の見直しが必要になるでしょう。

■速度が速いネット回線の平均速度
回線名平均速度
NURO光 下り:475.92Mbps
上り:411.01Mbps
auひかり 下り:423.93Mbps
上り:364.83Mbps
ソフトバンク光 下り:297.41Mbps
上り:190.19Mbps
ドコモ光 下り:286.65Mbps
上り:204.4Mbps
OCN光 下り:274.03Mbps
上り:193.72Mbps
eo光
※関西限定
下り:450.41Mbps
上り:295.7Mbps
コミュファ光
※東海地方限定
下り:673.93Mbps
上り:360.63Mbps

auひかりの速度 auひかりの速度にまつわる嘘!IPv6が速い?プロバイダはどれも同じ? ネット回線を契約する上で速度は非常に大事な要素です。IPv6だから速い!プロバイダはどこが速い?通信制限が無いとこと契約したい!などチェックするポイントは多いでしょう。この記事ではauひかりの速度についてネット上に存在するデマなどを中心に解説します。 2022-07-18

アップデート時には100Mbps程度は必要

Apex Legendsを快適にプレイするには、普段から30Mbps程度の速度が出ている事が理想です。

ただ、あくまでプレイをしている時に必要な速度であって、実際に30Mbpsでは不便を感じることがあるでしょう。

Apex Legendsに限らず、オンラインゲームでは頻繁にアップデートが行われています。
アップデートによってダウンロードするデータ容量は異なりますが、多い時には数GB(ギガバイト)のデータ量になることもあるのです。

また、アップデートが必要な場合、アップデートが正常に終了しない限りゲームのプレイができません。

例えば、APEXシーズン9のデータ容量は50GBを超えています。
この容量を30Mbpsの速度でダウンロードすると単純計算で3~4時間かかる計算になります。

Apex Legendsダウンロード
▲シーズン9の容量は50GB超え

そのため、アップデートやゲームのダウンロードなどを考慮すると実測で100Mbps程度出ていた方が、快適と言えるでしょう。

Apexのラグの原因は「Ping値(レイテンシ)とパケットロス」

Apexのラグが起きる要因

ここまで通信速度について解説してきましたが、そうなると気になるのが「じゃあ、何が原因でラグが起きるの?」という点です。

実は、Apexでラグが起きる原因は、「Ping値(レイテンシ)」と「パケットロス」という2つの要素にあります。

パフォーマンス表示で言うところの、下の2つです。

ApexのPing値とパケットロス
▲Ping値(レイテンシ)とパケットロス(ロス)。

基本的にはこの2つの数値のどちらかが悪い時にラグが発生します。具体的には以下ぐらいの数値が目安です。

■Ping値とパケロスの目安
 

Ping値

パケロス
ほぼ確実にラグが発生しない 0~30ms 0
多少ラグが発生するかも 30ms~50ms 0~1
ほぼ確実にラグが発生する 50ms~100ms 1~3
頻繁にラグが発生する 100ms~ 3~

ある程度の目安なので、上の条件と異なることも全然あります。

また、仮に自分の環境が完璧であったとしても、Apexのサーバー側で問題が発生してラグが起きてしまう可能性もあります

なので、1つの目安程度に参考にしてもらえると助かります。

■Ping値が低い回線一覧
回線平均Ping値
NURO光 12.54ms
auひかり 20.23ms
ソフトバンク光 17.93ms
ドコモ光 21.17ms
OCN光 19.55ms
eo光
※関西限定
18.15ms
コミュファ光
※東海地方限定
16.86ms

そして、今回は通信速度に関しての話がメインになるので、Ping値やパケロスについて詳しく知りたい方は、以下記事をそれぞれチェックしてみてください。

ApexLegendsのPing値はどれくらいが理想?筆者の環境と改善法も紹介! 「ApexのPing値ってどれくらい必要なの?」という人向けに、ApexのPing値情報についてまとめました。Ping値はラグに直結する数値になってきますので、Apexプレイヤーはぜひチェックしてみてください。 2022-02-07
ApexLegendでパケットロスが発生する原因と12の改善法を紹介! 「パケットロスのせいでApexが楽しめない…。」という人向けにパケロスの改善法をまとめました。パケロスは自分が原因で起きている可能性が高いです。そこで、このページでは自分の環境の中で見直すべきポイントを紹介しています。 2022-02-07

【通信速度が遅い人向け】Apexにおすすめのネット回線

回線速度を改善する方法

最後に「思っていた以上に速度が出ていなかった…。」という人向けに、おすすめの回線をまとめてみました。

ゲーム界隈で人気があるのは、NTT回線ではなく独自の回線を利用した光回線サービスです。

代表的な回線として auひかり eo光 コミュファ光 などが有名です。

※関連記事
auひかりの速度にまつわる嘘!IPv6が速い?プロバイダはどれも同じ?

ただ、このような独自回線系の光回線は提供エリアが狭く、利用できない事も多いでしょう。
その場合、NTT回線を利用した「 ソフトバンク光 」や「 ドコモ光 」が次の候補です。

ソフトバンク光やドコモ光も十分通信速度を出すことはできますので、スマホのセット割などを考慮しつつ回線を選んでみると良いでしょう。

ゲーム向きの回線については、別記事「 【ネトゲ廃人が選ぶ】オンラインゲームのおすすめネット回線5選!」で詳しく解説していますので、回線の契約を考えている人は一度チェックしてみてください。

■Apexにおすすめのネット回線
回線 特徴  
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • KDDI独自ネットワークで速度が出やすい
  • 関西、東海エリアでは未提供
    eo光 、コミュファ光で代用可
詳細
ソフトバンク光
  • IPv6高速ハイブリットで安定
  • ポート制限を受けないIPoE接続
詳細
So-net光プラス
  • v6プラスで混雑時でも安定
  • IPoE対応Wi-Fiルーター無料
詳細

KDDI独自回線採用!auひかり

auひかり
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,610円
(マンション:4,180円)
キャンペーン キャッシュバック
戸建て:70,000円
マンション:70,000円
月額料金大幅割引
戸建て:総額22,000円
マンション:総額33,000円
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(So-net)

  • 最大1Gbpsの高速回線
  • KDDI独自ネットワークで速度が出やすい
  • 関西、東海エリアでは未提供
    eo光 コミュファ光 で代用可

光コラボ回線など多くの光回線は、NTTのフレッツ光の設備が使われています。

しかし、NTT回線で使われているフレッツ網では、NTEと呼ばれる局舎内機器で混雑を起こし、トラフィックが増えた際に対応できない欠点が存在します。

auひかりの場合、KDDIが独自にネットワーク網を構築しており、NTT回線特有の混雑ポイントが元々存在しません。

そのため、一般的なNTT回線を使った光コラボと比較すると速度が出やすくなるのです。

また、auひかりの欠点として関西や東海エリアでは利用できないところでしょう。
しかし、これらのエリアではKDDIと提携している eo光 や、KDDIの子会社が運営している コミュファ光 でで代用可能です。

これらの回線はauひかりよりも速度が安定していると言われており、auスマートバリュー(スマホ割)も全く同じ条件で使えます。

auひかりキャンペーン 【トラブル注意】2022年最新auひかり最新キャンペーン比較 「料金が高くなった」「キャッシュバックが貰えなかった」などauひかりのキャンペーンではトラブルが絶えません。特に高額な特典には注意が必要です。この記事ではauひかりのキャンペーンで損をしないために、窓口を厳選して比較します。 2022-02-05

ポート制限を受けないIPoE(IPv6)接続!ソフトバンク光

回線速度 最大1Gbps
月額料金 戸建:5,720円
マンション:4,180円
キャンペーン 最大63,400円還元
その他特典 ・工事費実質無料
※最大26,400円相当をキャッシュバック
・他社回線解約金を最大10万円まで負担
セット割 ソフトバンク携帯/スマホ
公式ページ ソフトバンク光×STORY公式ページ

  • IPv6高速ハイブリットで安定
  • ポート制限を受けないIPoE接続

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光の回線が使われている光コラボです。

NTT回線の特徴として、トラフィックが増えた際に帯域の調整が出来ず、混雑を起こしてしまう欠点があります。

ソフトバンク光では最新の接続方法であるIPoE接続であるIPv6高速ハイブリットで接続できるため、安定した通信が可能です。

また、多くのプロバイダで提供しているIPoE接続の場合、ポート開放を行う際にIPv4ポート制限を受けてしまう欠点があります。
オンラインゲームによっては開放するポートが決められているため、「開放したいポートが開放できない」場合があるでしょう。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリットの場合、IPv4で開放できるポート数の制限がありません。
そのため、対戦ゲームなどポート開放が必要なゲームをプレイする方におすすめです。

1点だけ欠点として、Ipv6高速ハイブリットを有効にするためには月額513円の光BBユニットをレンタルする必要があります。
ただ、ポート制限のない光コラボ回線はソフトバンク光ぐらいなので、月額513円払う価値はあるでしょう。

v6プラスで安定!So-net光プラス

So-net光プラス
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:6,138円
(マンション:4,928円)
キャンペーン 60,000円キャッシュバック
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ So-net光プラス

  • v6プラスで混雑時でも安定
  • 高速回線 NURO光 と同じプロバイダが提供
  • IPoE対応Wi-Fiルーター無料

So-net光プラスはソニーグループのプロバイダであるSo-netが提供している光コラボです。
So-netは自社の独自回線である超高速回線NURO光を提供している事でも知られています。

NURO光は提供エリアが狭く、工事のハードルが高いため、導入を断念していた方も多いでしょう。
しかし、So-net光プラスであればSo-netのバックボーンが使われている速度面でも有利です。

また、So-net光プラスではv6プラスが使われているため、混雑ポイントを避けて通信ができます。

V6プラス対応Wi-Fiルーターが永年無料

通常、v6プラスを使うためにはMAP-Eと呼ばれる技術に対応しているルーターが必要です。
自前で購入しても問題ないのですが、知識が必要なため、ハードルが高くなります。

しかし、So-net光ではv6プラスに対応して高速Wi-Fiルーターが永年無料で利用できます。

まとめ:Apexで本当に必要になる通信速度

このページでは、Apexで必要になる本当の通信速度について解説しました。

一般的に通信速度は約30Mbpsが目安と言われていますが、実際は1Mbps程出ていれば、ほとんどどのゲームもプレイすることはできます。

Apexも例に漏れず、恐らくゲーム中に利用している通信速度は1Mbps以下です。

そのため、よほど通信速度が遅いネット回線を契約している人以外は、Apexをする上で通信速度を気にする必要はありません。

それよりは、このページ内でも紹介した「Ping値(レイテンシ)」や「パケットロス」を気にした方が、快適なゲーム環境を作ることができます。

これらの項目については、上記で別記事を記載していますので、そちらをチェックしてみて下さい。

このページが参考になれば幸いです。

【お知らせ】

Gaming-Nerdの中の人がTwitter(@Gaming_Nerd_jp)を始めました!
当サイトの更新情報やラグ解消に効果的な方法、人気ゲームの最新回線情報などを呟いていきます!
簡単な回線相談等もマシュマロで受け付けてます。
フォローをしていただければ、匿名で簡単に質問できます。
質問はこちらから
「自分、○○県に住んでるんだけどオススメの回線ある?」
「回線のエラーでゲームができない…。」
などなど、困ったことがあれば、お気軽にお声掛け下さい!

関連記事
スプラトゥーンのラグと同期ずれは解消できない!?対策はないの? スプラトゥーンで頻繁に起きるラグや同期ずれは一体何が原因で起きているのでしょうか。スプラトゥーンにおけるラグは勝敗を分けると言っても過言ではありません。そんなラグや同...
「PS4のダウンロードが遅い…!」をサクッと解決する7つの方法を紹介! PS4で陥りがちなゲームのダウンロード速度が遅い…という場合の対処法をまとめました。ゲームを購入しにいかなくてもダウンロードできるというのは非常に魅力的です。しかし、ダウ...
オンラインゲームが有線でも遅い…。3つの原因とその解決法まとめ! 「オンラインゲームを有線でしてるのに重い…」という悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。そういったことは、割とあるあるです。しかし、しっかりと対策をすることで、...
テザリングでゲームはできる?やり方や通信量などをまとめて解説! 「テザリングでゲームってできるの?」と思っている人向けに、テザリングのやり方やゲームでの環境、ゲームで使われる通信量などをまとめました。「テザリングでゲームがしたい!...
Apexの通信速度 【真実】Apexは通信速度がほぼいらない!?実際の数値と目安を解説! 「実際のところApexの通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、本当に必要な通信速度を計算してみました。多少数値のズレはあると思いますが、Apexをプレイしている人...