1. ホーム
  2. ドコモ光

【最新版】ドコモ光キャンペーン比較!損しないための窓口選びとは?!

ドコモ光
ドコモ光のキャンペーン窓口

インターネット契約で外せないのが申し込みキャンペーンです。

特に人気のドコモ光は、申し込み窓口がかなりの数あるため、気付かぬ間に損をしている(最大級お得に契約出来ていない)人が多い回線とも言われています。

このページでは、ドコモ光を最大級お得に契約できる申し込み先とキャンペーンの選び方・受け取り方などを詳しく解説していきます。

【2021年9月】ドコモ光のオススメ窓口

ドコモ光のキャンペーン窓口を選ぶ際のいくつかのポイントをまとめました。

ドコモ光の申し込み窓口を選ぶポイント

  • キャッシュバック条件としてオプションの加入義務を確認
  • 公式プロバイダに直接申し込む
  • 速度が速いプロバイダを選ぶ

多くの窓口ではキャッシュバックを受け取る条件として、オプション加入が条件となっており、加入しないとキャッシュバックが貰えません。
また、代理店などで申し込みをすると強引な勧誘などでトラブルに巻き込まれるケースも増えています。

そのため、ドコモ光の申し込みは代理店ではなく、プロバイダに直接申し込みを行いましょう。

また、プロバイダを選ぶ際にも注意が必要です。
ドコモ光はプロバイダが直接接続サービスを提供しているため、同じ最大1Gbpsでもプロバイダによっては速度が出にくい場合があります。

プロバイダを選ぶ際は、v6プラスなどを始めとするIPoE(IPv6)に対応しているか確認をしましょう。

■ドコモ光お得な申し込み窓口
プロバイダ名 キャンペーン詳細  
GMO × ドコモ光
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 月額550円のMcAfeeが12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料
  • v6プラス対応(IPoE)
詳細
OCN for ドコモ光
  • 20,000円キャッシュバック
  • 月額550円のマイセキュアが12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料
  • v6アルファ対応(IPoE)
詳細

ドコモ光 + plala

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 月額439円のMcAfeeが24ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料
  • v6エクスプレス対応(IPoE)
詳細

GMOとくとくBB

GMO × ドコモ光
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
キャンペーン 最大20,000円キャッシュバック
(オプション条件あり)
IPoE(IPv6) v6プラス対応
Wi-Fiルーター 永年無料
公式ページ GMO × ドコモ光

早分かり!GMO × ドコモ光の特徴

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費無料
  • v6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター永年無料

GMO × ドコモ光では、ある程度のキャッシュバックを受け取るためにはオプション申し込みが必要です。

GMO × ドコモ光キャッシュバック条件
条件 キャッシュバック金額
ひかりTV + DAZN 20,000円
ひかりTV 18,000円
DAZN 15,500円
オプションなし 6,000円

最大20,000円を受け取る場合、ひかりTVとDAZNの映像サービスの2つを申し込みしなければなりません。

オプションなしだとキャッシュバック金額は6,000円のみとなるので注意しましょう。

速度重視ならGMOとくとくBB

キャッシュバックの面から言うとオプション加入義務などがあり、あまりお勧めできません。
しかし、GMOとくとくBBをオススメする理由は速度面です。

【GMOとくとくBBの速度に関する3つのオススメポイント】
  • 各地域ごとの実際のユーザー平均速度を公開している
  • ルーターの性能が一番高いため速度に期待できる
  • 最低100Mbpsの速度補填制度(100円程度)を導入している

まず、GMOとくとくBBの速度面の魅力の1つが実際のユーザー平均速度を公開している点です。

GMO ドコモ光の平均速度
GMOとくとくBB公式サイト にて地域毎の実際のユーザー平均速度を公開している。

地域毎に若干の偏りはあるものの、ここまでしっかりと速度を公開しているプロバイダはないでしょう。

「契約後に本当に速度が出るか不安…」という人でも、契約前に自分の地域の速度を確認しておくことで、安心感を得られることが出来ます。

そして、2つ目としてルーターの性能が高いことです。

キャンペーンの項でも解説した通り、GMOとくとくBBでレンタルすることが出来るルーターは市販で10,000円前後するような高性能なルーターになります。

GMO × ドコモ光Wi-Fiルーター
▲GMOとくとくBBでレンタルできるルーターは10,000円相当する高性能なモノになっている。

もちろん高性能なルーターだから速度が速くなるとは言い切れませんが、少なからずスペックが低いよりは高い方が速度が出る期待度は高いでしょう。

最後は、GMOとくとくBB特有と言える最低100Mbpsの速度補填制度です。

GMO × ドコモ光速度保証
▲100Mbpsを切ったらポイント還元

だかが100円ではありますが、ベストエフォートが基本のネット回線としては、速度保証をする自体、かなりマレです。

それを導入しているGMOとくとくBBであれば、速度面に関しては安心して契約することが出来るでしょう。

OCN for ドコモ光

OCN for ドコモ光
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,940円
マンション:4,620円
キャンペーン 20,000円キャッシュバック
IPoE(IPv6) v6アルファ
Wi-Fiルーター 永年無料
公式ページ OCN for ドコモ光

早分かり!OCN for ドコモ光の特徴

  • 20,000円キャッシュバック(無条件で還元)
  • 新規工事費無料
  • 安心のNTTグループ
  • アジア唯一のTier1プロバイダ
  • v6アルファ対応Wi-Fiルーター永年無料

無条件で満額キャッシュバック

ドコモ光の多くの窓口では満額のキャッシュバックを受け取るためにテレビサービスなどのオプションサービスが必要です。
すでにご紹介した GMO × ドコモ光 でもひかりTVやDAZNの申し込みが必要でした。

しかし、OCN for ドコモ光では公式ページからの申し込みで20,000円キャッシュバックが無条件で受け取れます。

キャッシュバックを重視する方に、特にお勧めのプロバイダと言えるでしょう。

アジア唯一のTier1プロバイダ

Tiea1プロバイダとは世界中のプロバイダに接続サービスを提供している中心的な事業者です。
世界でも10数社しか存在せず、多くのプロバイダが依存しています。

OCNはアジアで唯一のTier1プロバイダと言われており、強力なバックボーンで高速な通信が可能です。

Tier1プロバイダ
▲NTTコミュニケーションズ(OCN)はアジア唯一のTier1

そのため、速度面での安定性を求める方にもオススメのプロバイダと言えるでしょう。

v6アルファ対応

OCNでは独自のIPoE(IPv6)サービスとしてv6アルファを提供しています。
通常、v6アルファを利用する場合、月額550円かかりますが、ドコモ光ユーザーに限り無料で利用可能です。

v6アルファが無料
▲v6アルファ及び、対応Wi-Fiルーターが永年無料

また、v6アルファ対応のWi-Fiルーターが永年無料で利用できるのも魅力でしょう。

ドコモ光+plala

ドコモ光+plala
最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
キャンペーン 15,000円キャッシュバック
IPoE(IPv6) v6エクスプレス
Wi-Fiルーター 永年無料
公式ページ ドコモ光+plala

早分かり!ドコモ光+plalaの特徴

  • 15,000円キャッシュバック(無条件で還元)
  • 新規工事費無料
  • 安心のNTTグループ
  • Wi-Fiルーター永年無料

無条件キャッシュバック

OCNと比べるとキャッシュバックの金額は少なくなりますが、オプション条件なしでも15,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックを重視する方に、お勧めのプロバイダです。

安心のNTTグループ

plalaはOCNと同じくNTTグループのプロバイダです。
しかし、OCNほどのバックボーンがあるわけではなく、Tier1プロバイダでもありません。

その代わりに、月額料金がOCNと比べると220円だけ安くなります。

「NTTグループのプロバイダがいいけど、料金は安い方がいい!」って方におすすめです。

ドコモ光のキャンペーンはどのように選ぶのがベスト?

ドコモ光を申し込む方法は大きく4つに分かれます。

【ドコモ光を申し込む4つの方法】

1、家電量販店(ヨドバシカメラやヤマダ電機など)から申し込みを行う
2、ドコモショップで申し込みを行う
3、インターネットから申し込みを行う
4、訪問や電話の勧誘から申し込みを行う

いずれの方法で申し込みを行っても利用する回線はドコモ光で変わりがないのですが、月々の料金や申し込み時に適用されるキャンペーン内容などで金額面に大きな差が出てきます。

絶対に使ってはいけないドコモ光の申し込み窓口はどこ?

例えば、申し込み時に契約される有料オプション(毎月費用が掛かるオプション)の料金や、契約するプロバイダなどが料金に違いが生まれる一例です。

※ドコモ光のプロバイダについて
ドコモ光は契約するプロバイダによって月額料金が異なります。
基本的には自分でどのプロバイダが良いかを選択できるのですが、申し込み方法によっては相手側に決められてしまうことがあります。
しっかりとしていて安いプロバイダであれば問題ないのですが、そうではない場合もあるため申し込み時には注意が必要です。

そこで初めに、上で紹介した4つの申し込み方法で違いが出る点を表にまとめてみました。

■4つの申し込み方法の違い
申し込み窓口
料金(プロバイダ選択)
有料オプション
キャンペーン総額
家電量販店
選択可能
準強制
5,000円相当
ドコモショップ
選択可能
任意
30,000円相当
ネット申し込み
選択可能
任意
最大50,000円相当
(低い申し込み先もあり)
訪問・電話営業
選択不可
強制
5,000円相当

表の通りではありますが、訪問・電話営業からの申し込みは絶対にNGです。

キャンペーンの金額が低いだけではなく、有料オプションに強制加入、プロバイダも選択できないなど、他の申し込み方法と比較してもかなり損をしています。

電話・訪問営業はNG▲電話・訪問営業は悪質な場合が多く
最終的に損をしてしまう可能性が高い。

ドコモショップや家電量販店での申し込み方法はメリットもありますが、あまりオススメは出来ません

店員さんから直接アドバイスを貰えるというのは大きなメリットですが、金額的な面で見たときにネット申し込みと大きな差があるためです。

結論として、ドコモ光を申し込むなら『ネット申し込み』がベストな選択肢と言えます。

※ネット回線の訪問・電話営業には注意!
近年、ネット回線の悪質な営業による被害がかなり増えています。
特に2019年の7月以降は、光コラボの転用手続きがかなり簡単になるため、より一層営業電話などが増えることが予想されます。
「料金が安くなります」「近隣の方皆さん変えられています」など、ついつい聞いてしまいそうになる営業電話には十分に気を付けて、流されないように注意してください。
ネット回線営業の手順や対策については、別記事「NURO光の悪質営業!詐欺まがいの3つの勧誘手口と必殺の撃退法!」でも解説していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ドコモ光を申し込むならプロバイダ経由がベストな選択肢

実を言うと、ドコモ光をネットから申し込む場合も3つの申し込み方法があります。

【ドコモ光をネットから申し込む時の3つの方法】

1、ドコモ光公式サイトからの申し込み
2、ドコモ光の代理店を利用した申し込み
3、ドコモ光のプロバイダからの申し込み

この中でもおすすめの方法は、プロバイダ経由の申し込みです。

そもそも、3つのキャンペーン方式は以下のようになっています。

■ドコモ光をネットから申し込むときの3つの方法
申し込み方法
キャンペーン方式
公式サイト
ドコモ光公式キャンペーン
代理店
ドコモ光公式キャンペーン + 代理店独自のキャンペーン
プロバイダ
ドコモ光公式キャンペーン + プロバイダ独自のキャンペーン

表を見ると分かる通り、申し込みをするなら代理店かプロバイダからがお得になります。

そして、代理店かプロバイダかを選択するときに重要になるのが『安心感』です。

代理店とプロバイダでは大きなキャンペーン差はありませんが、申し込み時にだけやり取りをする代理店と利用中ずっとやり取りをするプロバイダを比較すると、安心感が強いのは間違いなくプロバイダでしょう。

代理店がダメというわけではありませんが、より安心感があるという意味でプロバイダから申し込みを行うのがベストな選択肢と言えます。

「どうしてネットからの申し込みはキャンペーンが豪華なの?」
同じドコモ光でキャンペーンに差が出るのは、人件費の問題が大きいです。
ネットからの申し込みを処理するだけの窓口と、店頭で1人1人と相手をしなくてはいけない窓口では必要になる人件費やその他の費用が大きく異なります。
そういった費用が削減できるネット窓口では、その分だけキャンペーンが豪華です。
もちろん他にも色々な理由はあるかもしれませんが、大きな違いとしてはこういった問題が挙げられるでしょう。

【プロバイダ全24種比較】ドコモ光の高額キャンペーンはどこ?

ここまで解説した通り、ドコモ光を申し込むならプロバイダから申し込むのがベストです。

しかし、プロバイダと一言で言ってもドコモ光には合計24種のプロバイダがあり、それぞれのプロバイダで実施しているキャンペーンが異なります。

そこで、全24種のプロバイダ独自のキャンペーンをまとめてみました。

全24種をまとめていますが、中でもお得なものに関しては色を付けていますので、それら4つのプロバイダをとりあえずチェックするといいでしょう。

■ドコモ光プロバイダ別キャンペーン比較
タイプ
プロバイダ名
キャンペーン
セキュリティソフト
無線LAN(ルーター)レンタル
タイプA
plala
15,000円キャッシュバック
24ヶ月無料
無料
GMOとくとくBB
最大20,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
無料
@nifty
最大20,000円
契約期間中無料
無料
DTI dポイント10,000ptプレゼント 12ヶ月無料 無料
ドコモnet
なし
12ヶ月無料
有料
ic-net
なし
36ヶ月無料
無料
tigers-net.com
なし
契約期間中無料
なし
andline
なし
12ヶ月無料
有料
Biglobe
なし
12ヶ月無料
無料
エディオンネット
なし
有料
なし
SIS
なし
契約期間中無料
なし
SYNAPSE
なし
12ヶ月無料
なし
excite
なし
36ヶ月無料
なし
hi-ho
なし
12ヶ月無料
無料
Rakutenブロードバンド
なし
12ヶ月無料
なし
TikiTiki
なし
有料
なし
@ネスク
なし
有料
なし
01光COARA
なし
なし
なし
タイプB
OCN
20,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
なし
@TCOM
なし
12ヶ月無料
なし
TNC
なし
12ヶ月無料
なし
WAKWAK
なし
有料
なし
AsahiNet
なし
12ヶ月無料
なし
@ちゃんぷるネット
なし
有料
有料
※タイプAとタイプBでは月額料金が異なります。
タイプA
戸建て:5,720円、マンション:4,400円
タイプB
戸建て:5,940円、マンション:4,620円

この表では、『独自キャンペーン』『セキュリティソフト』『Wi-Fiルーターのレンタル』という3つの項目で区別していますが、それぞれ3つの項目を十分に満たしているプロバイダは4つしかありません。

つまり、金額的なお得さで選ぶのであればこの4つの中から選ぶのベストになります。

では、これら4つのプロバイダが実施しているキャンペーンをもう少し細かくチェックしてみます。

■お得な4つのプロバイダの詳細比較
プロバイダ名 キャンペーン詳細
GMOとくとくBB
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 月額550円のMcAfeeが12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料(8,000円~12,000円相当のBuffalo/NEC/ELECOM製)
OCN
  • 20,000円キャッシュバック
  • 月額550円のマイセキュアが12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料(5,000円~6,000円相当のNEC)

plala

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 月額439円のMcAfeeが24ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料(5,000円~6,000円相当のI-O DATA製)
nifty
  • 最大18,000円のキャッシュバック
  • 月額550円のF-Secureが12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター無料(5,000円~6,000円相当のElecom/Buffalo)

これら4つのプロバイダのキャンペーンを詳細で比較すると、違いは『ルーター』にあります。

そして、ルーターのスペックを考慮した時に、最もオススメと言えるのはGMOとくとくBBです。

キャンペーンだけはNG!しっかりとした速度も期待できる?

いくらキャンペーンが良くても、通信速度がダメダメだと満足のいくプロバイダとは言えません。

速度に関して絶対に確認しなくてはいけないのが、『IPoE(IPv4 over IPv6 IPoE通信)』に対応しているかどうかです。

ドコモ光に限らず、光コラボ回線(フレッツ光を利用した回線)を利用するにあたってIPoEに対応していないプロバイダを利用してしまうと、回線混雑に巻き込まれ速度がかなり遅くなってしまいます。

※IPoE通信について
IPv4(PPPoE)通信▲IPv4(PPPoE)通信では基地局に着く前の地点で混雑してしまう。
IPv6(IPoE)通信▲混雑する点を避けてVNEというネットワーク経由で接続する。

IPv6(IPoE)通信では、IPv4(PPPoE)通信で混雑する部分(網終端装置)を避けて『VNE』というサーバーを経由して基地局にデータを送受信します。
イメージ的には、『高速道路の料金所(IPv4の混雑ポイント)で混雑が起きるからETC(VNEサーバー)を設置してスムーズに流れるようにしよう』といった感じです。
フレッツ光回線は利用者が特に多いため、この通信方式が必須になります。

そんなv6プラスですが、上で取り上げた4つのプロバイダは全て対応しています。

■4つのプロバイダのv6プラスオプション名
プロバイダ名
IPoEサービス名
GMOとくとくBB v6プラス
OCN v6アルファ

plala

v6エクスプレス
nifty v6プラス
 

ドコモ光のGMOとくとくBBを徹底解説!特徴や口コミから分かる評判は? ドコモ光の人気プロバイダGMOとくとくBBについて詳しく解説しました。いろいろな場所でオススメされるGMOとくとくBBですが、実際の口コミや特徴・メリットやデメリットはどうなっているのでしょうか。このページでは、GMOとくとくBBの実態を詳しく調査していきます。 2021-07-14

【お知らせ】

Gaming-Nerdの中の人がTwitter(@Gaming_Nerd_jp)を始めました!
当サイトの更新情報やラグ解消に効果的な方法、人気ゲームの最新回線情報などを呟いていきます!
また、簡単な回線相談等も個別で受け付けてます。
「自分、○○県に住んでるんだけどオススメの回線ある?」
「回線のエラーでゲームができない…。」
などなど、困ったことがあれば、お気軽にお声掛け下さい!

関連記事
ドコモ光の工事費はいくら必要?無料キャンペーンは2019年9月より再開!
ドコモ光
ドコモ光の工事費がいくらかかるかなかなか分かりずらいですよね。このページでは、自分の環境ではいくらの工事費が必要なのか、大好評だった工事費無料キャンペーンはいつ行われ...
ドコモ光の家電量販店キャンペーンを徹底調査!契約はアリ?ナシ?
ドコモ光
「家電量販店でドコモ光を申し込むのはどうなんだろ…」と考えている人もいるのではないでしょうか。このページでは、ドコモ光は家電量販店で申し込みべきなのか、また家電量販店か...
ドコモ光ネットトータルサポートは契約価値低め?上手な使い方を紹介!
ドコモ光
「ドコモ光のネットトータルサポートってどうなんだろ…」と思っている方もいるでしょう。このページでは、ドコモ光のネットトータルサポートのサービス解説と本当に必要なのか、ま...
ドコモ光の戸建て工事は穴開け必須?具体的な工事の流れと注意点を解説!
ドコモ光
「ドコモ光の工事はどういったことをするんだろう?」と気になっている人もいるでしょう。このページでは、戸建てで行うドコモ光の開通工事の詳細や穴開けの注意点、良くある質問...
いつ解約する?ドコモ光の更新月を確認する方法と更新期間を解説!
ドコモ光
「ドコモ光っていつ解約したら良いんだろ?」と思っている方向けに、ドコモ光の契約更新タイミングの確認方法や無料で解約できる解約タイミングについて詳しくまとめました。ドコ...

コメントをどうぞ

名前

メール