1. ホーム
  2. オンラインゲーム速度

オンラインゲームとIPv6・v6プラスを徹底解説!結局ゲームはできるの?

IPv6でオンラインゲーム

「ゲームでIPv6は使えない!」「SwitchやPS4はIPv6に対応していない!」

ゲームとIPv6に関しては、ネット上でも様々な意見がありますが、実際IPv6にはどういったメリットとデメリットがあるのでしょうか。

このページでは、オンラインゲームでIPv6をつかうメリットとデメリット、良く聞くv6プラスについてまとめて解説していきます。

ゲームにIPv6導入を検討している人は、参考にしてみて下さい。

IPv4?IPv6?v6プラス?それぞれ何が違うの?

通信プロトコル一覧

オンラインゲームとIPv6の関係性を解説する前に、まずIPv4・IPv6・v6プラスがそれぞれどういったモノなのかという点について見ていきます。

少しややこしいかもしれませんので、軽めにチェックしてみてください。

今最も主流なIPアドレス「IPv4」とPPPoE接続

1つ目に紹介するのが、現在最も普及している「IPv4」についてです。

IPv4は「192.168.1.1」のような形(桁数や数字は異なります)で表されるIPアドレスで、「PPPoE方式」という接続方式に対応しています。

細かい解説は省略しますが、この先で通信方式が重要になってくるので、ここでは「IPv4(PPPoE通信)」という風にまとめて記載していきます。

IPv4(PPPoE通信)におけるメリット・デメリットは以下の通りです。

【IPv4(PPPoE通信)のメリット】

  • 最も主流なIPアドレス・接続方式のため、対応しているサイトやデバイスが多い。

【IPv4(PPPoE通信)のデメリット】

  • IPアドレスの数が足りない(総数43億個)
  • PPPoE方式の仕組み上、回線混雑(速度低下)に巻き込まれやすい

今回はゲームが主題になるので、この中からゲームに関わる部分だけピックアップしていきます。

その点で考えると、IPv4(PPPoE通信)のメリットは「色々なものに対応している」こと、そしてデメリットは「回線混雑に巻き込まれてしまうこと」になります。

IPv4とゲーム
▲IPv4とゲーム。

まずメリットについてですが、メリットはほぼ全てのゲームタイトル・ゲーム機器がIPv4(PPPoE通信)に対応していることです。

IPv4(PPPoE通信)でできないゲームタイトルやゲーム機はほぼないので、IPv4(PPPoE通信)さえ使えれば、ほぼどのゲームもプレイすることができます。

一方のデメリットは、回線混雑に巻き込まれて速度が低下してしまうという点です。

IPv4(PPPoE通信)は現在最も主流な通信方式なだけあって利用者が多く、休日や夜になると混雑の影響で回線品質が大幅に下がってしまうことが多々あります。

「ほぼどのゲームもプレイできるが、人が多い時間帯は混雑でラグが起きたりしてしまう」、というのがゲームにおけるIPv4(PPPoE通信)の簡単なまとめになります。

次世代のIPアドレス「IPv6」とIPoE接続

次に紹介するのが、これから徐々に普及していくであろう「IPv6」です。

IPv6は「2001:0db8:1234:5678:90ab:cdef:0000:0000」のような形(省略形もアリ)で表されるIPアドレスで、PPPoE方式にプラスしてIPoE方式という通信方式にも対応しています。

IPv6に関しても、まとめやすいようにIPv6(IPoE通信)という風に記載していきます。

IPv6(IPoE通信)におけるメリット・デメリットは以下の通りです。

【IPv6(IPoE通信)のメリット】

  • IPoE方式の仕組み上、回線混雑の影響を受けづらい。
  • IPアドレスをほぼ無限に生成できる(総数340澗個)

【IPv6(IPoE通信)のデメリット】

  • 新しい接続方式のため、対応していないサイトやデバイスが多い

IPv6(IPoE通信)のメリットは、回線混雑の影響を受けづらい点です。

利用者が少ないということもありますが、それ以外にもPPPoE方式で混雑の影響になっていた経路を通過することなく接続する仕組みのため、そもそも混雑が起きにくくなっています。

ただその一方で、対応しているゲームタイトルやゲーム機器がかなり少ないというデメリットがあります。

IPv6とゲーム
▲IPv6とゲーム。

既存のゲームタイトルはほぼ全て、ゲーム機器に関してもPS5・XboxOne・PCしか対応していないので、そもそもプレイできるゲームがほぼなくなってしまいます。

なので、現状IPv6(IPoE通信)だけで使うことはほぼないのが現実です。

簡単にまとめると、「IPv6(IPoE通信)は通信品質的には問題がないが、対応しているモノが少なくゲームではイマイチ」という感じになります。

IPv4の仕組みとIPv6の仕組みを組み合わせた「v6プラス」

そして最後に紹介するのが、v6プラスです。

細かい話をすると長くなるので省略しますが、v6プラスは簡単に言うと、IPv6(IPoE通信)に未対応のサイトでも、上手く通信できるようにした仕組みのことです。

少しややこしいのですが、v6プラス自体は通信方式ではなく、IPv6(IPoE通信)に少し手を加えた通信方式サービス的なモノになります(カプセル化という技術を用います)。

正しくは「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」のような書き方をするのですが、覚えなくても大丈夫です。(ここでは中でも知名度が高いv6プラス呼びでいきます。)

v6プラスのメリット・デメリットは、以下の通りです。

【v6プラスのメリット】

  • IPv6(IPoE通信)に対応していないサイト・端末でも使うことができる

【IPv6(IPoE通信)のデメリット】

  • サービス名のため、プロバイダによって名称が異なる
  • 使用できるポートに制限がかけられる

v6プラス最大のメリットは、IPv6(IPoE通信)に対応していないモノでも、接続できるようになるという点です。

これにより、IPv4(PPPoE通信)の混雑するという問題点とIPv6(IPoE通信)の対応していないという問題点の両方をクリアすることができました。

ただしその分、利用できるポートに制限がかかるという新しいデメリットが生まれました。(これについては後半で解説するので、ここでは一旦スルーします。)

また、もう1つ、v6プラスはプロバイダによって名称が異なるというデメリット、というより分かりずらいポイントもあります。

具体的には以下のような感じです。

【v6プラスサービスの名称一例】

  • v6プラス:GMOとくとくBB、So-net、@niftyなど
  • v6アルファ:OCN
  • v6エクスプレス:ぷらら
  • 独自IPv6オプション:BIGLOBE、excite、
  • v6コネクト:Asahiネット
  • transix:MEC、IIJmio

このような感じで名称が異なるので、プロバイダに申し込む際は注意するようにしましょう。

簡単にまとめると、v6プラスにすることで「快適にプレイできるゲームはかなり増えたが、その分ポートの制限を受けるようになった」という感じになります。


以上がIPv4(PPPoE通信)・IPv6(IPoE通信)・v6プラスの簡単な概要になります。

混雑の影響を受けやすい「IPv4(PPPoE通信)」、混雑は避けられるが対応しないモノが多い「IPv6(IPoE通信)」、ポートの制限を受けるが混雑の影響を受けない「v6プラス」という感じです。

大まかにこれくらいで把握しておくと良いでしょう。

参考:v6プラス(または同等のサービス)が使えるのはNTT回線のみ

参考として、v6プラスが使える回線、使えない回線について簡単に紹介しておきます。

実はv6プラスは、NTT系の回線でしか使えません

NTT回線は、フレッツ光+光コラボサービス全般のことで、自分がNTT回線かどうかはレンタルしている機械(ONU/HGW)のロゴで判断できます。

NTTのロゴ
▲レンタル機器にNTTのロゴがあればNTT回線。

このNTTロゴが付いている人は、NTT回線を使っている人です。

ちなみに、このロゴが付いていない人は、独自配線系の回線(NURO光/auひかりなど)やCATV回線(Jcom/イッツコムなど)などを使っている人になります。

CATV回線は置いておくとして、独自配線系の光回線はそもそも混雑が起きづらいので、IPv4(PPPoE通信)で十分普通に通信することが可能です。

そのため、v6プラスを導入する必要がなくそのままでやっている感じになります。

自分がv6プラスを使える回線かどうかは判断できるようにしておきましょう。

オンラインゲームでは基本的にIPv6は使えない!

ゲームで使える通信方式

それでは本題のゲームの話に戻ります。

冒頭では、ゲームとIPv6について解説すると記載しましたが、ここまで解説した通り、ゲームでIPv6(IPoE通信)を使うことは現状ほとんどありません。(対応していないので)

なので、ゲームで使う接続はIPv4(PPPoE通信)もしくはv6プラスのどちらかです。

結論から言うと、「ゲームでは、IPv4(PPPoE通信)が使えたら理想だが、現実的な混雑の影響を考えるとv6プラスを使う人がほとんど」といった感じになります。

IPv4(PPPoE通信)は混雑さえ問題なければデメリットがない接続方式なので、環境的に使えるのであれば、使うに越したことはありません。

ゲームとIPv4
▲理想的にはIPv4(PPPoE通信)がベスト。

ただ、現実的に考えると、今は混雑の影響を受ける地域もそこそこ多いので、実質的にはv6プラス一択になってしまう人もいます。

ということで、ここから先はゲームとv6プラスについて解説していきます。

IPv4(PPPoE通信)は今までと同じ接続方式で、特に解説することもないので、ここでは省略して進めていきます。

オンラインゲームとv6プラスのメリットとデメリット

v6プラスのメリットとデメリット

それでは、オンラインゲームでv6プラスを使うメリットとデメリットについて見ていきます。

どちらも既に記載した内容になりますが、メリットは「混雑を回避できること」、デメリットは「ポートの制限を受けること」です。

これらはオンラインゲームにどういかった効果をもたらすのでしょうか。それぞれ具体的に解説していきます。

メリット:混雑を回避することで、通信速度・Ping値が向上する

まずメリットは、通信速度・Ping値が向上するという点です。

IPv4(PPPoE通信)を使っていて混雑の影響を受けていた人は、v6プラスに切り替えることで回線品質が大きく改善される可能性があります。

人が少ない時間帯はあまり大きな差はありませんが、混雑時は変化の差が大きいです。

口コミにもある通り、v6プラスを使うことでどの時間帯でも安定した通信ができるようになります。

回線品質という点だけで考えると、IPv4(PPPoE通信)でラグに困っている人は、v6プラスにすることでほぼ解決できると言っても過言ではないでしょう。

また、IPv6(IPoE通信)に対応していないゲーム機でも使うことができるので、そういう点で考えるとかなり汎用性が高い通信の仕組みになっています。

v6プラスのメリットは以上のような感じです。

デメリット1:v6プラスに対応したルーターが必要(HGWでも良い)

v6プラスのデメリットは、各サービスに対応したルーターが必要であるというのが1点です。

例えば、v6プラスを使うならv6プラスに対応したルーター、v6アルファを使うならv6アルファに対応したルーターと言った風に、それぞれ対応したルーターが必要になります。

v6プラスと対応ルーター
▲各サービスに対応したルーターが必要。

ただ、最近は対応しているモノがかなり増えてきたので、市販のルーターでもほとんどのサービスに対応しています。

なので、極端に気にする必要はなく、「そういえば対応してるかなー。」くらいの感覚でOKです。

注意点として、海外製のルーター(Asus(AsusTek)やTP-Linkなど)は対応していないものが多くあるので、海外製のルーターを購入する人はしっかりと確認するようにしましょう。

ゲームにおすすめのルーター11選!スペックに分けて詳しく紹介! オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回はスペックに分けてオスス... 2021-02-18

デメリット2:使用できるポートが限られてしまう

2つ目は、使用できるポートが制限されるという点です。

普通にゲームをするだけであればそこまで気にする必要はないのですが、格ゲーや少人数系のマルチをしっかりやり込む層にはある程度影響が出てきます。

と言うのも、使用できるポートが制限されることで、P2P系のゲームでマッチングがしづらくなったり、ホストになれたかったりといった現象が起きてしまうからです。

一応、特定のメーカーのルーターを避けることでこういった問題が発生しないという情報もありますが、筆者自身全てのルーターを試したわけではないので、断言はできません。

そのため、格ゲーなどをしっかりやり込みたい人は、避けた方が良いかもしれません。

とは言え、「地域的に独自配線の回線が契約できない…。」「v6プラス系の選択肢しかない…。」という人もいると思うので、次の項目ではポート制限の対策について紹介していきます。

v6プラスでオンラインゲームをする時の注意点

ゲームとv6プラス

最後にv6プラス環境下でゲームがしたいという人向けにv6プラスでゲームをする時の注意点を紹介します。

「住んでいる環境的にv6プラスを使うしかない…。」「両親がv6プラスにしてる!」といった人は、ここで紹介する方法を試してみて下さい。

ベストな方法:ポート制限を受けないようなプロバイダを利用する

v6プラスのポート制限を根本的に解決するには、ポート制限が受けないようなプロバイダを契約することがベストな方法になります。

ポート制限を受けないプロバイダ(光コラボ)の例は以下の通りです。

【ポート制限を受けないプロバイダ(光コラボ)】

  • ソフトバンク光(IPv6高速ハイブリッド)
  • enひかり(v6プラス+固定IPサービス)
  • Gaming+(v6プラス+固定IPサービス)
  • かもめインターネット(v6プラス+固定IPサービス)
  • インターリンクZootNative(transix+固定IPサービス)

これらのプロバイダはいずれもポート制限を受けないのですが、その分費用が高いです。

特に高いGaming+は、プロバイダ料金と固定IP料金だけで月5,000円を超えるので、回線事業者と合わせると月額10,000円以上の料金がかかることになります。

なので、もしこの中から選ぶのであれば、まだ費用が抑えめな「 ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンク光であれば、通常の月額料金にプラスしてBBユニット(専用のルーター)のレンタル代「月額500円」だけで済むので、他社と比較するとかなり割安になっています。

ソフトバンク光
▲ポート制限なしなら ソフトバンク光がおすすめ。

そのため、「v6プラスしか使えない…。」という人はソフトバンク光への切り替えを検討してみると良いでしょう。

「ソフトバンク光ってあんまりよい評判聞かないけど大丈夫…?」と心配な人は、以下記事で詳しく解説しているので、そちらも合わせて見てみて下さい。

ソフトバンク光でゲームはできない?悪い口コミが多いが実際は…?! ソフトバンク光でプレイするオンラインゲームについてまとめました。オンラインゲームユーザーの中でソフトバンク光の評判は決して良いとは言えません。しかし、本当にソフトバンク光でのゲームは難しいのでしょうか。このページでは実際の数値などから解説していき... 2021-06-19

ルーターの設定を変更して通信を安定させる

続いての方法が、ルーターの設定を切り替えることです。

確実な方法とは言えませんが、ルーターの設定を変更することで、v6プラスのポート制限問題を解決できる場合があります。

なので、ルーターの設定を変更していきましょう。

まず、メーカーに合わせて以下の『接続IP』をブラウザのアドレス欄(http://~と記載されているところ)に入力すると設定画面が開けます。

●ルーターのIPアドレス一覧
メーカー 接続IP
Buffalo 192.168.11.1
NEC(aterm) 192.168.0.1
IO data 192.168.0.1
Logitec 192.168.2.1
PLANEX 192.168.1.1
corega 192.168.1.1

認証は『ユーザー名:admin、パスワード:password』になっていることが多いです。

ただこれ以外のパターンになっていることも全然あるので、これが間違っている人は「メーカー ルーター ユーザー名」などで検索して各自で確認してみてください。

ここでは例としてBuffaloルーターの設定方法を紹介します。


Buffaloルーターの設定

【v6プラスで不安定な時のルーター設定変更(Buffalo編)】

  1. ルーターの設定変更画面を開く(上で紹介した手順)
  2. 『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPアドレス取得方法』⇒『v6プラス接続を使用する』をチェック
  3. 『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPv6』⇒『NDプロキシを使用する』をチェック
  4. 『詳細設定』⇒『セキュリティ』⇒『UPnP』⇒『UPnP機能を使用する』のチェックを外す

不安定な時にチェックしたい項目は以上の3点です。

特にオンラインゲームで接続不良が起きる人は、これらのうちどれかが原因になっている可能性が高いため、3つともしっかりと調べるようにしましょう。

なお、Buffalo以外のメーカーでも設定項目は変わりません。

「違うメーカーで分からない…」という人は、ルーターの設定画面から同じような項目をチェックすることで解決しますので探してみて下さい。

ちなみに、ちらっと記載しましたあ、ルーターの問題はメーカーに依存しているということもあるそうです。

特にElecomのルーターはv6プラス系に向かないと言われているので、Elecom系のルーターを持っていて改善できない人は、違うルーターに買い替えてみると良いでしょう。

ルーターの設定に関しては以上になります。

ポート制限を受けなければv6プラス系の回線はおすすめ

v6プラスはオススメ

v6プラスのメリットとデメリットを解説してきましたが、結論的にポートの制限さえクリアできれば6プラス回線はオススメと言えます。

既存のIPv4(PPPoE通信)が混雑で使い物にならない人は、今回紹介した方法を試してみて下さい。

もしルーターの設定で解決しない人は、「 ソフトバンク光」への回線切り替えをおすすめします。

月額費用がほとんど変わらないまま、ポート制限を受けないv6プラスが使えますので、困っている人は切り替えをしてみると良いでしょう。

ゲームにオススメの回線
▲ソフトバンク光か独自系の回線がおすすめ。

また、対応している人であれば、独自の配線網を利用した「 auひかり 」や「 NURO光 」「電力回線」がおすすめです。

これらの回線は、NTT回線と違って混雑を気にすることなく通信ができるので、対応エリア内の人は検討してみると良いかもしれません。

こういった、オンランゲームにオススメのネット回線については、別記事でも記載しているため、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

【ネトゲ廃人が選ぶ】オンラインゲームのおすすめネット回線5選! オンラインゲームにオススメのネット回線5選をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・安定性」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。 2021-07-20

まとめ:オンラインゲームとIPv6について

快適なゲーム環境

このページでは、オンラインゲームとIPv6(ほぼv6プラス)について解説しました。

IPv6(IPoE通信)はほとんどのゲームで使えないという結果になりましたが、その代わりとしてv6プラスの特徴について紹介しました。

少し専門的な話もあるため難しい内容にはなりましたが、結論的にはv6プラスにすることでゲーム環境は快適になることが多いです。

そのため、フレッツ光や光コラボ回線を利用している人に関しては、積極的に採用してみると良いでしょう。

また、v6プラスについて分からないことや困ったことがあれば、気軽にコメント等で質問をして頂けると嬉しいです。

この記事がv6プラスについて参考になれば幸いです。

【お知らせ】

Gaming-Nerdの中の人がTwitter(@Gaming_Nerd_jp)を始めました!
当サイトの更新情報やラグ解消に効果的な方法、人気ゲームの最新回線情報などを呟いていきます!
また、簡単な回線相談等も個別で受け付けてます。
「自分、○○県に住んでるんだけどオススメの回線ある?」
「回線のエラーでゲームができない…。」
などなど、困ったことがあれば、お気軽にお声掛け下さい!

関連記事
【完全版】オンラインゲームのラグ解消法5選!ラグが起きる原因は? オンラインゲームで起きるラグの原因とその解消法に関してまとめました。オンラインゲームをプレイする上で『ラグ』は非常に鬱陶しいものです。出来ることならラグがない快適なゲ...
Fallout76は失敗作?致命的な『ラグ』問題の原因と3つの改善法まとめ 満を持して登場したFallout76ですが、現状評価はあまりよくありません。中でも一番の問題がゲーム内の『ラグ』です。ラグがないことは快適なゲームプレイの必須条件とも言えますが...
テザリングでゲームはできる?やり方や通信量などをまとめて解説! 「テザリングでゲームってできるの?」と思っている人向けに、テザリングのやり方やゲームでの環境、ゲームで使われる通信量などをまとめました。「テザリングでゲームがしたい!...
マンションでオンラインゲームが出来ない!NAT越え失敗の対処法は? 「マンションでオンラインゲームが出来ない!」「NAT越えに失敗してしまう…」という人向けの解決策をまとめました。マンションの無料ネット回線は日常使いでは便利なものの、状況...
PS4の通信速度の目安は?速度の改善法とよくある疑問もまとめて解説! 「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて...
いのり より
2020年02月23日 04:41

自分はソフトバンク光を使っているのですが、光BBユニットとPS4を繋げるだけでiPv6につながるのでしょうか?
それともiPv6に対応したルーターが必要なのでしょうか?

Gaming Nerd 管理人 より
2020年02月24日 09:02

いのり様コメントありがとうございます。

質問についてですが、ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリットを申し込んでいるのであれば、「光BBユニット⇒PS4」でIPv6接続ができます。
なので、別でルーターを購入する必要はありません。

ついでに、IPv6接続が出来ているかどうかは、IPv6の確認にアクセスすると確認できます。
IPv4接続の場合は、「お客様はIPv4インターネットで接続しています。」と出るのでチェックしてみてください。

コメントをどうぞ

名前

メール

merumeru より
2021年03月04日 11:23

ドコモ光のv6プラスに加入してます。
対応機種のバッファローなどでオンラインのフォートナイトなどをやるのかゲーミングルーターArcher11000でPPPoE接続でプレイするのではとちらがおすすめですか?

Gaming Nerd 管理人 より
2021年05月06日 14:50

コメントありがとうございます。
当サイトの不具合で、コメントが表示されず、対応が遅くなってしまいました…。
申し訳ありません。

コメントに関してですが、手元にArcher11000があるなら一度PPPoE接続を試したみることをおすすめします。
一方で、Archerが手元にない場合は、持っているv6プラスルーターもしくはHGWなどでv6プラス接続することをおすすめします。

すでに解決している可能性が高いと思われますが、よければ参考にしてみてください。

コメントをどうぞ

名前

メール

chisan より
2021年04月21日 18:46

質問させてください。
ビックローブ光で、v6オプション、ルーターはBUFFALOのWSR-1800AX4を使っているのですが、ニンテンドースイッチで通信しようとするとNATタイプCと出て、通信できずに困っています。この場合はルーターを変えれば解決するのでしょうか?
あつ森で他の人に島に行こうとしたらできませんでした。
教えていただけると嬉しいです。

コメントをどうぞ

名前

メール

chisan より
2021年04月27日 13:04

質問させてください。
ビックローブ光で、v6オプション、ルーターはBUFFALOのWSR-1800AX4を使っているのですが、ニンテンドースイッチで通信しようとするとNATタイプCと出て、通信できずに困っています。この場合はルーターを変えれば解決するのでしょうか?
あつ森で他の人に島に行こうとしたらできませんでした。
教えていただけると嬉しいです。

Gaming Nerd 管理人 より
2021年05月06日 13:10

コメントありがとうございます。
対応遅くなり申し訳ありません。

BuffaloのWSR-1800AX4は、SwitchのNATタイプがCになる現象をいくつか確認しているので、ルーターを変えれば解決すると思われます。

ただ、ルーターのフォームウェア更新で対応している可能性も十分にありますので、一度バージョンアップの確認をしてみると良いかもしれません。

よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

名前

メール

コメントをどうぞ

名前

メール