1. ホーム
  2. オンラインゲーム速度

テザリングでゲームはできる?やり方や通信量などをまとめて解説!

テザリングでゲームはできる?

「テザリングでゲームってできるの?」「テザリングってどれくらい通信量使うの?」

ここ最近、テザリングを利用してゲームをしている人が増えてきているように思えます。

そこでこのページでは、テザリングでゲームをするとどれくらいの環境になるのか、またどれくらいの通信量を使うのかなどをまとめてみました。

テザリングでゲームをしようと考えている人は参考にしてください。

そもそもテザリングでオンラインゲームってできるの?

テザリングでゲームはできる?

まず簡単な結論として「テザリングでゲームってできるの?」という点についてですが、快適かどうかを置いておくとプレイ自体は全然できます

ただし、テザリングならではのデメリットもあります。

例えば、通信のし過ぎで通信量制限(速度制限)がかかってしまったり、一部格安SIMを使っている人はゲームの一部機能が正常に使えなかったりといった感じです。

テザリングのデメリット

  • スマホ回線なので速度が遅い
  • ゲームのアップデートですぐに速度制限がかかる
  • ゲームの一部機能が正常に使えない

デメリット1:スマホ回線なので速度が遅い

テザリングはスマホで契約している回線です。
モバイル通信のため、損失が大きく速度がでにくい特徴があります。

筆者の環境で同時刻に速度測定サイトで測ってみたところ、かなりの差がでました。

テザリングと光回線の速度比較
  下り実測値 上り実測値
スマホテザリング 34Mbps 12Mbps
光回線 387Mbps 435Mbps

※光回線は ドコモ光 、スマホはDocomoスマホで測定

最近では5G回線で規格上の通信速度が飛躍的に上がってきています。
しかし、5G回線でも体感的には4Gとほとんど変わらない事が多く、ゲームをプレイするにはストレスになります。

オンラインゲームを快適にプレイするには、光回線は必須と言えるでしょう。

■速度が速いネット回線の平均速度
回線名平均速度
NURO光 下り:475.92Mbps
上り:411.01Mbps
auひかり 下り:376.05Mbps
上り:270.56Mbps
ソフトバンク光下り:297.41Mbps
上り:190.19Mbps
ドコモ光 下り:286.65Mbps
上り:204.4Mbps
eo光
※関西限定
下り:450.41Mbps
上り:295.7Mbps
コミュファ光
※東海地方限定
下り:673.93Mbps
上り:360.63Mbps

デメリット2:ゲームのアプデート・ダウンロードで通信制限になる

ゲームのダウンロードやアップデートになると、テザリングでは対応できません。

ダウンロードは言わずもがなですが、最近の人気タイトルはアップデートでも10GB前後~20GB近くの容量になることも、珍しくありません。

Apexのアプデ
▲Apexは10GB越えのアプデが
そこそこの頻度である。

もちろん普段全くテザリングをしない人であれば容量が余るかもしれませんが、そうでなければここで制限に掛かってしまう人が多くなるでしょう。

テザリングの回線以外がない人はどうしようもありませんが、よく「気付かぬ間にゲームのアプデをしてしまった…。」という声を聞くので、注意するようにしましょう。

また、スマホの無制限プランを使っている方も要注意です。
無制限とは言っても、完全な無制限ではなく、キャリア側の判断で速度制限を実施する場合があります。

10~20GBクラスのアップデートとなると、仮に無制限プランで契約していても通信制限がかかる可能性も否定できません。

※au、SoftBankの「無制限プラン」はテザリング対象外です

一方、光回線の場合、仮に一ヶ月に1000GB2000GBといった容量を使用しても、基本的に通信制限はかかりません。

光回線などの固定回線と、スマホなどのモバイル回線では、根本的な通信資源が全く異なります。
そのため、光回線の場合、スマホ回線では在りえないような容量を使うことができるのです。

※スマホ回線の「使用できる通信量」は「無制限プラン」にした場合

■スマホ回線と光回線の通信容量比較
  回線 使用できる通信容量
光回線 auひかり 制限なし
※アップロードのみ約900GB/月
(30GB/1日)
NURO光 制限なし
ソフトバンク光 制限なし
ドコモ光 制限なし
eo光 2~20TB/月
(2,000~20,000GB/月)
スマホ回線 Docomo 制限なし
au 80GB/月
Softbank 30GB/月
※スマホ回線の「使用できる通信量」は「無制限プラン」にした場合

スマホ回線の場合、Docomoのみ「無制限プラン」にすることで、テザリングでもデータ容量の制限なしで利用できます。
しかし、スマホの「制限なし」は光回線の「制限なし」とは意味合いが違います。

実際には、Docomo側の判断で速度制限が実施されることがあるため、厳密に無制限とは言えないでしょう。

スマホ回線でテザリングを行った場合、基本的に1ヶ月で使える容量は30~80GB程度です。

しかし、光回線の場合、ほぼ制限なしで利用できます。

eo光 auひかり のように具体的な制限を示している場合もあります。
しかし、制限があったとしても、スマホ回線と比べると、実に25~600倍以上の容量が使える事が分かるでしょう。

そのため、ゲームのダウンロードやアップデートを考えると、スマホ回線で利用するのは現実的ではありません。
光回線の利用が必須と言えます。

デメリット3:一部の格安SIMはゲームの一部機能が使えない可能性がある

アップデートやダウンロードと合わせて注意したいのが、格安SIMのテザリングを利用している人です。

一部の格安SIMでは、配布されるIPがプライベートIP配布になるため、マイクラのサーバー立てができなかったり、あつ森でフレの村に行けなかったりといったことが起き得ます。

格安SIMやクラウドSIMを使っている場合、各デバイスにプライベートIPアドレスが振られることがあります。

そのため、ユーザー同士の通信が上手く行えないため、不具合が発生することがあるのです。

マインクラフト
▲特定のゲームの一部機能が使えないことがある。

なので、もしそういった問題が頻繁に起きるようであれば、「自分のテザリングに問題があるのかもなー。」くらいに知っておくと良いでしょう。

ちなみに、対処法としては追加でグローバルIPを配布してもらうという方法は一応あります。

ただ、グローバルIPは枯渇問題があり、配布できる会社もそこまで多くないと思いますので、自分が契約していSIMが無理な場合は、諦めるもしくは契約を変えるなどで対処しましょう。

快適にプレイするなら光回線は必須

テザリングでゲームをプレイする場合、速度の問題やデータ容量の問題が一番大きいでしょう。

基本的に、これらの弊害が無く快適にプレイできるのが光回線です。

オンラインゲームをする時、重要になるのが、キャリアが提示している最大速度ではありません。
実際にどのくらいの速度がでているか?を表した実測値が重要です。

光回線は速度が非常に安定しており、場合によっては5倍~10倍近くの速度で利用できるのできます。

また、光回線の最大の特徴が月々のデータ容量の制限が無い点です。
スマホの場合、30GBや60GBとと言った月々の制限が存在します。

仮に、スマホの無制限プランを使っていたとしても、キャリアには通信制限による規定があり、極端な通信には速度制限がかかります。
しかも、ほとんどの場合、テザリングは無制限の対象外です。

しかし、光回線であれば、このような制限がなく、仮に一ヶ月で1000GB使ったとしても、速度制限になる可能性は非常に低いでしょう。

光回線
▲光回線はデータ容量の制限がなく、実測値も速い

ただ、光回線によってはプロバイダ側の設備の関係で速度がでにくいサービスも存在します。

詳しくは、無理に容量を追加するなら「固定回線」や「モバイルWi-Fi」をご覧ください。

■ゲームにオススメの固定回線3選
 
回線の特徴
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内複数のeSports施設でも採用
  • 全国区対応回線で実測値最速
  • キャッシュバック45,000円
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • KDDI独自の光配線網で高速&安定
  • 月額2,200円~で使える
  • NURO光に並んでオススメ
ソフトバンク光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • ソフトバンク独自のIPv6接続を利用
  • IPv6特有のポート制限を受けない
  • NURO・auに次いでオススメ
 
 

テザリングでゲームをする時の通信速度と目安の通信量

テザリングの通信速度と通信容量

それでは続いて、テザリングでゲームをした場合の通信環境についてです。

テザリングでの通信速度は契約しているキャリアやスマホのスペックによっても異なりますが、基本的にはスマホで出ている通信速度の7割~8割程度の速度になると思います。

速度測定サイト「みんなのネット回線速度」によると、3大キャリア・格安SIMの平均速度は以下のような感じです。

■携帯キャリアの平均速度データ
 
Ping値
下り速度
上り速度
3大キャリア
58ms
48Mbps
13Mbps
格安SIM
77ms
32Mbps
12Mbps

仮にこの速度の7割前後だと考えると、速度的にはなんとかプレイは可能です。

一方で、Ping値に関しては平均で50ms以上と少しイマイチな数値になっています。

みんなのネット回線速度上でこの値であれば、実際のゲーム上ではもう少し遅くなると予想されるので、競技性が高いタイトルではラグが気になってしまう可能性が高いです。

なので、そういったゲームをメインでプレイする人には、テザリングは少し厳しいと言えるでしょう。

通信環境についてまとめると、通信速度に余裕はあるが、Ping値が少しイマイチだから、回線が重要なゲームは厳しいと言った感じです。

■光回線の平均速度とPing値
回線名平均速度平均Ping値
NURO光 下り:475.92Mbps
上り:411.01Mbps
12.54ms
auひかり 下り:376.05Mbps
上り:270.56Mbps
20.23ms
ソフトバンク光下り:297.41Mbps
上り:190.19Mbps
17.93ms
ドコモ光 下り:286.65Mbps
上り:204.4Mbps
21.17ms
eo光
※関西限定
下り:450.41Mbps
上り:295.7Mbps
18.15ms
コミュファ光
※東海地方限定
下り:673.93Mbps
上り:360.63Mbps
16.86ms

テザリングでゲームをする時に必要になる通信量について

続いて、気になる人が最も多いであろうゲームで必要になる通信量についてです。

通信量はゲームに応じてかなり異なるので、絶対にこれくらいという目安は言えませんが、おおよそ以下に記載したぐらいの通信量はかかると思っておくと良いと思います。

【ゲーム毎の通信量目安の一例】
  • MHW:1時間で約30MB~50MB
  • スプラ:1時間で約100MB~150MB
  • Apex:1時間で約150MB~200MB
  • FF14:1時間で約20MB~200MB

4つしか例がありませんが、最近のゲームで同じジャンルであれば、おおよそ同じくらいになると思います。

ただし、細かな通信量に関してはプレイしている端末やプレイする内容、その他様々な要素によって変わってくるので、予想が難しいです。

なので、通信量が心配な人は、とりあえず30分もしくは1時間前後のお試しプレイをして、どれくらい通信量を消費したかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

データ通信量確認アプリ
▲通信量確認アプリでしっかりと確認しよう。

なお、使用した通信量の確認はアプリもしくは各キャリアの公式サイトなどから行えます。

どちらを利用しても問題ありませんが、アプリは数値に誤差が出ることもあるそうなので、基本的には各携帯キャリアの公式ページ(公式アプリ)などから確認すると良いと思います。

無理に容量を追加するなら「固定回線」や「モバイルWi-Fi」

固定回線がオススメ

「そんなに容量追加できない…。」「容量を気にせずゲームがしたい。」という人は、固定回線やモバイルWi-Fiの契約をおすすめします。

個人的には、固定回線の契約がベストだと思います。

固定回線の品質が良いのは言うまでもないですが、どちらかと言うとモバイルWi-Fiがあまりゲームに向いていないからです。

モバイルWi-Fiは持ち運べる分、便利ではあるのですが、テザリング同等もしくはそれ以下の回線品質にしかなり得ないことが多く、それにプラスして速度制限もあります。

それを考えると、そこまで金額差がない固定回線を契約するか、あるいはモバイルWi-Fi分の料金をスマホの容量追加に回した方が良いでしょう。

どちらにせよ、固定回線以外は容量を追加しないと速度制限を解除できないため、頻繁にアプデやダウンロードをする人は固定回線を検討すると良いと思います。

そして、固定回線を契約する場合、個人的には以下の回線がおすすめです。

■ゲームにオススメの固定回線3選
 
回線の特徴
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内複数のeSports施設でも採用
  • 全国区対応回線で実測値最速
  • キャッシュバック45,000円
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • KDDI独自の光配線網で高速&安定
  • 月額2,200円~で使える
  • NURO光に並んでオススメ
ソフトバンク光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • ソフトバンク独自のIPv6接続を利用
  • IPv6特有のポート制限を受けない
  • NURO・auに次いでオススメ
 

特にオススメなのが、「 NURO光 」「 auひかり 」「(表にはないですが)地域限定の電力回線」です。

これらの回線は、各会社が独自の光配線網を利用してサービスを提供しているため、どの時間帯でも混雑が少なく高品質な回線を保ちやすくなっています

固定回線を考えるなら、これらを第一候補に考えると良いでしょう。

そしてこれらに次いでオススメなのが、「 ソフトバンク光」です。

NTTの光回線網を利用した光コラボサービスですが、その中でもソフトバンク光は独自のIPv6接続を利用しており、ポート制限を受けないという特徴があります。

ゲームをするなら、このポート制限を受けないというのが大きなメリットになりますので、光コラボから選ぶ人は検討してみると良いでしょう。

なお、ゲームにオススメの固定回線や選び方については、以下記事で詳しく解説していますので、検討している人はぜひチェックしてみてください。

【ネトゲ廃人が選ぶ】オンラインゲームのおすすめネット回線5選! オンラインゲームにオススメのネット回線5選をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・安定性」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。 2021-08-08

テザリングの設定方法とおすすめの接続方法について

テザリングの設定と接続方法

それではまずは、テザリングのやり方と接続方法についてです。

とは言っても、「テザリングのやり方なんて知ってる!」という人も中にはいると思いますので、その人は流し読み程度でパパっと流してもらえると助かります。

ただ、接続方法はそこそこ重要なので「接続方法で通信の質変わるの?」という人は、そこだけはチェックしておくと良いと思います。

それでは、それぞれの方法について見ていきましょう。

スマホのテザリングのやり方と設定方法

テザリングは「Android」と「iPhone」でやり方が異なります。

手順が異なるだけで、実際にやっていること自体はほとんど変わらないので、自分が持っている端末に合わせてやり方を確認してみて下さい。

なおテザリングは、使用しているキャリア(携帯会社)によって申し込みが必要な場合があります。

ドコモはテザリング無料
▲申し込みなしでテザリングできるのはドコモダケ!

現在、申し込み不要で使えるのはdocomoと一部の格安SIMのみになっているので、auやSoftbankなどの別キャリアを利用している人は契約の有無を確認するようにしましょう。

ちなみに、au・Softbankのテザリング料金は無料もしくは月額550円のどちらかになります(契約している時期によって異なります)。

それでは具体的な設定方法について見ていきましょう。

「Android」でテザリングをする方法

まずはAndroidでの設定方法からです。

使用しているバージョンによって記載する「項目」が異なる可能性はありますが、ほとんど同じ感じになっていると思いますので、確認しつつやってみて下さい。

1、「設定」を開く
2、「ネットワークとインターネット」or「もっと見る」or「その他のワイヤレス接続」などを選択
3、「アクセスポイントとテザリング」or「テザリング」などを選択
4、使用する接続方法(後述します)のテザリングを有効にする
5、(Wi-Fi接続の場合)「Wi-Fiアクセスポイントの設定」or「Wi-Fiテザリングの設定」を開く
6、(Wi-Fi接続の場合)記載されている「ネットワーク名」と「パスワード」を端末に入力する

そこまで難しい設定ではないため、恐らくサクサクできると思います。

「全然設定方法が分からない…。」という人は、「機種名 テザリング設定」などで検索して、各機種に対応した手順を確認して、設定してみると良いでしょう。

「iPhone」でテザリングをする方法

続いてiPhoneのテザリング手順です。iPhoneはかなり簡単に設定ができるようになっているので、サクッと説明します。

1、「設定」を開く
2、「インターネット共有」を選択
3、「インターネット共有」を有効に設定するとOK
4、使用する接続方法(後述します)のテザリングを有効にする
5、Bluetooth、Wi-Fiでやる場合はそれぞれをオンにする

他にもコントロールセンター(上から下へのスワイプで出るメニュー)から、簡単にオンにすることも可能です。

iosのバージョンによっては、多少手順が異なることがあるかもしれませんが、基本的には同じなので、問題なく設定ができると思います。

【全3種】テザリングの中でオススメの接続方法

テザリングの接続方法には、「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3種類があります。

普通に使う分にはどの接続方法でも問題ありませんが、ゲームをするなら「USB > Wi-Fi > Bluetooth」がオススメの順番です。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、

  • USB:コードは邪魔になるが安定感は一番高い
  • Wi-Fi:電波干渉が無ければ安定感がそこそこ高い
  • Bluetooth:電波の範囲が狭く通信速度が遅い

といった感じになっていて、Bluetoothに関してはほぼ実用性ゼロです(時に必要なこともあるかもしれませんが…)。

USBとWi-Fiに関しては、対応していればUSB接続で、PS4やSwitchなどの対応していないゲーム機ではWi-Fiを利用するといった感じで使い分けると良いと思います。

まとめ:テザリングでのゲーム環境について

このページでは、テザリングのやり方からゲーム環境についてまで解説しました。

テザリングは、回線を重要視しないゲームであればある程度快適にできると思いますが、やはり通信量が大きくネックになってきます。

特にゲームのダウンロードやアップデートをしてしまうと、すぐに制限に掛かってしまうこともあるため、その辺りは注意した方が良いでしょう。

個人的には、テザリングではなく固定の回線を引くのがオススメです。

モバイルWi-Fiは、最悪今の環境よりも悪くなってしまう可能性もありますので、お試し等ができないのであれば、あまりオススメはしません。

このページを参考に自分にあったゲーム環境を作ってみて下さい。

【お知らせ】

Gaming-Nerdの中の人がTwitter(@Gaming_Nerd_jp)を始めました!
当サイトの更新情報やラグ解消に効果的な方法、人気ゲームの最新回線情報などを呟いていきます!
また、簡単な回線相談等も個別で受け付けてます。
「自分、○○県に住んでるんだけどオススメの回線ある?」
「回線のエラーでゲームができない…。」
などなど、困ったことがあれば、お気軽にお声掛け下さい!

関連記事
オンラインゲームのPing値って?目安の数値と4つの改善方法を紹介! オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチ...
オンラインゲーム向きのLANケーブルは?カテゴリと形の特徴まとめ! オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンライ...
PS4が夜だけ遅くてラグくなってしまう3つの原因と6つの解決法を紹介! 「PS4が夜だけ遅くてラグくなってしまう…。」と困っている人も多いと思います。そこでこのページでは、PS4が夜だけ遅くなってしまう原因とその解決法をまとめて紹介していきます。...
FPSで重要な通信速度・Ping値・Jitter値・パケットロスを完全解説! FPSの通信速度、Ping値、Jitter値、パケットロスについてまとめました。FPSをやる上では、腕前ももちろん重要ですが、それと同等レベルでネット環境も重要になります。このページ...
Switchの通信速度 Switchで必要な通信速度の目安を解説!どれくらいあれば大丈夫? Switchのオンラインで必要になる通信速度の目安について解説しました。どれくらいの通信速度が出ていればSwitchのオンラインは快適にできるのでしょうか?Switchを持っている人は...

コメントをどうぞ

名前

メール